「これはしない、あれはする」 小林照子

82歳の美容家である著書の人生のアドバイスブック。

生涯現役でいる意気込みを感じられる一冊。30代は欲張り、40代は自分を褒め、50代は挑戦しなさい、という、何とも勇気をもらえる言葉のオンパレード。

「人生の最期は、ほほえみと感謝と涙で完成させたい」という言葉が印象的でした。
これはしない、の事柄もしてよいのだと思います。著書も若い時は全てやってしまっていたことなのだそうです。それも若さの特権、ただしてしまった時の自分の心の処理だけは怠らずに♡

すべての投稿
×

もう少しで完了します。

あなたのメールアドレスにメールを送信しました。 読者登録の承認のため、届いたメールのリンクをクリックください。

OK