「道をひらく」 松下幸之助

経営の神様、と言われますが、最近本田健さんなど若い世代の方々が改めて注目しているのは彼の倫理観、マネージメント力です。病弱だったにもかかわらず、それがあったから自分は人を頼れるようになり社員が育っていけた、というのはポジティブシンキングという一言では語れない卓越した人間力を感じます。「自分がツイている」と思っている人だけを採用してきた、というエピソードもご縁を大切にする氏ならでは、で学ぶところが多いです。

すべての投稿
×

もう少しで完了します。

あなたのメールアドレスにメールを送信しました。 読者登録の承認のため、届いたメールのリンクをクリックください。

OK